エピソード8

私はフルタイムの保育士として10年程務めておりました。現在は、2人の子どもの子育てのため、パート保育士として働いています。
保育士として保育園で働くにあたって、辛かったことと言えば、自然災害が起こった時、また起こると予想される時です。保育園は、保育に欠ける児童を預かる福祉施設であるため、余程のことがない限り、開園します。2018年の大阪で起こった地震や西日本豪雨が記憶に新しいと思います。その時も保育園は開園しました。地震の時も、豪雨の時も、交通網が麻痺し、電車が動かず、多くの職員が出勤できない中、わが子を別の保育園に預け(いつも通っているところです。そこでも職員の一部が出勤できず少ない人数での保育でした。)、勤務時間よりだいぶ前に電動自転車で職場に向かいました。念の為、2リットルの水を数本買っていきました。保育士として、預かる子どもたちの安全を確保するための判断でした。
さて、職場についてみると、驚くことに、子どもたちがいつものように来ていました。中にはお母様が育児休暇中のお子さんもいました。職員が少なく、地震の日には余震の恐れが、豪雨の日には洪水や土砂災害の恐れがある中の保育はとても不安でした。地震の日は、お昼までにお迎えをお願いさせてもらいました。子どもの命を預かる仕事の重みと簡単に預ける保護者への疑問をひしひしと感じる出来事でした。
子育てをする立場で、どのような状況下でもわが子を置いて出勤することを選んでしまう自分に大きな葛藤を覚えました。
保育士は子どもが好きです。そして、子どもたちの未来のために今自分に出来ることは何かと常に模索し、職員同士で話し合い、切磋琢磨しながら働いています。しかしながら、待遇は上がらず、人が集まりません。現場では人手が無くて、やりたい遊びも十分にできないこともあります。夕方遅くまで残る多くの子どもたちを2人の職員で見ることも普通になっています。とにかく手が欲しい。そして、災害時には自分の命を危険に晒してまで出勤し、子どもたちを守ることが使命のようになっています。その現実がとても辛かったです。